慢性膵炎でお腹が痛いのが全くなくなりました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

慢性膵炎の疑いがあり早期の大腸がんも見つかり、お腹のあちこちがズーンと痛んでいました。
慢性膵炎は進行性の病気と言われたことと癌と言われたことがとてもショックで気持ちも落ち込んでいました。

主に慢性膵炎を治療してもらおうと思っていたのですが、膵臓に限らず体全体の弱いところを見つけて施術していただいたり、骨盤・背骨の歪みを直していただいたり、頭を軽くしていただいたりと、幅広く治療していただけるのがよいです。
「今日は胆嚢と小腸に反応がありますね」と教えていただけたり、簡単にできるセルフケアも教えていただけるのが素晴らしいです。

 

3ヶ月の治療週一回の治療を経て、痛いところは全くなくなりましたし、気持ちの面でも非常に元気になったと感じています。
治療後は体が軽くなりますし、2週間後にすこし疲れがたまっても、また治療すると軽くなるということを繰り返し、3ヶ月ですこぶる快調になれたのだと思います。

 

週1回3ヶ月くらい続けると、気になっていた症状だけではなく体全体がきっとよくなりますので、ぜひ「かんなり治療院」で施術を受けてみてください。

■先生からのメッセージ

写真

初めてD・Y様を診させていただいた時は、慢性膵炎に大腸癌ということで、
非常に落ち込んでいらっしゃいましたね。

しかし、3ヶ月間週1回通院すると最初に決めていただいて、
当院の治療とセルフケアをやっていただいて過ぎ良い結果が出ました^^

膵炎だけでなく、大腸癌の方も心配なくなったので、
D・Y様に笑顔が戻られたんですね。

今後もセルフケアを適当に続けながら、
娘さんと楽しく遊んでください。

同じ症状でお悩みの方の声

長く悩まされていた逆流性食道炎が良くなりました
膵臓の弱りと側弯
膵炎でステント治療をしながらの施術で改善しました