不眠症

最近、しっかり寝れていますか?

  • なかなか寝付けない

  • 寝ても途中で目が覚めてしまう

  • 朝早く目が覚める

  • 日中眠くてしかたがない

  • 翌日も疲労が残る

これらの症状に当てはまるのであれば、もう少し読みすすめて見てください。

不眠症とは?

今では日常的に耳にすることの多い「不眠症」。

単純に睡眠時間が少ないから不眠症というわけでなく、
睡眠をとっても体力が十分に回復しない、日常生活に支障があると「不眠症」となります。

不眠症も症状により4つのタイプがあります。

①入眠障害

布団に入っていざ眠ろうとしても、なかなか睡眠には入れないタイプです。
早く眠らなければと思うと余計に眠れなかったりします。

②中途覚醒

睡眠に入っても、朝起きるまでに途中で何度も目が覚めてしまうパターン。
比較的中高年が多く、生活リズムの乱れ・アルコールの飲みすぎなどでも起こります。

③早朝覚醒

朝早く起きてしまい、以降再び眠ることができない。
高齢者の朝早く起きてしまうという現象は、ある程度生理的なことなので、
これとは違う場合が多いです。

④熟眠障害

十分な睡眠をとっているにもかかわらず、朝起きるとすっきりしない。
日中眠くてしょうがない、などが起こります。
無呼吸症候群の方など起こりやすいです。

現代医学から診る不眠症の原因は?

不眠症の原因は様々です。

自律神経失調症、副腎疲労症候群、精神的なストレス、痛みを伴う疾患、うつ病・統合失調症などの精神疾患、カフェイン・アルコールの摂り過ぎや、薬物から来る場合もあります。

当院の鍼灸治療で改善していく不眠症は、主に自律神経失調症・副腎疲労症候群からくる不眠症となります。

当院での不眠症に対する考え方と治療

当院では、東洋医学の考え方を主軸にしています。

鍼灸により五臓六腑のバランスを整えることで、体に流れる気・血・水の滞りをなくし、自身の力で不眠を改善していく方向づけをしていきます。

主に肝臓と腎臓の調整を行うことで、快適な睡眠ができるようにしていきます。

不眠症で悩んでいるあなたへ

不眠症の場合、お医者さんは簡単に睡眠導入剤などを処方します。

一時的なものならばいいですが、そこからドンドン強い薬になったり、何年も薬を使っているという方が非常に多いです。

皆さん、このまま飲み続けていいのかと疑問に思っていても、飲み続ける・・・という風になっているんですね。

鍼灸治療では体のツボに刺激を加えることで、あなた自身のチカラでカラダを改善していく施術法です。

眠れなくてツライ・・・
このまま薬に頼り続けるのは・・・
病院にいったら薬を出されたけど飲みたくない!

という方は一度当院にお電話ください。
きっとあなたの力になれるはずです。