膵炎症例5 膵炎の痛みを緩和するため来院、中々効果を感じられない・・・

S・A様 50代 男性 会社員

 

2013年10月頃に膵炎と診断される。

4年前にも膵炎の痛みと思われる強い痛みがあった。

 

現在は、痛みは比較的落ち着いているが、

食後などに上腹部や背部に痛みが出るので、将来的なリスクの軽減と痛みの緩和の為に来院。

薬:フオイパン、コスパノン

血液検査:異常なし

画像検査:CT異常なし

 

初回〜5回目くらいまでは、膵炎による痛みの軽減を目的として、

週2回くらいのペースの治療。

 

処方:脾勝法、腎正方、F19、A12

整体による膵臓調整、骨盤調整、頭蓋調整。

 

1回目〜4回目まで全く変化せず。

正直やや不満そうである。

 

5回目の来院より痛みが軽くなるとの報告。

表情も以前より明るい。

 

その後、いきなり痛みがなくなるという事は無いが、

徐々に痛みがなくなり、日常で痛みが出る事がなくなった。

 

計14回通院して定期通院は終了。

今後はS・A様のから予約の電話あった時に施術するという方向へ。

 

〜考察〜

内臓疾患の調整の場合、肩こりや腰痛などと違い1、2回で体が変化するという事は少ない。

膵炎の痛みに関しては1回目から非常に良く効いて、痛みが減弱する方も多いが、この患者様の場合効果の出方が少し遅めだった。

症状がほぼ変化しないということで、不安もあったと思われるが、

理想の間隔で通院して頂いたので、最終的にはスムーズに体が良い方向へ向かったと思われる。