膵炎症例4 膵酵素の血液検査数値がものすごく高いのに・・・

K・N様 30代 男性

 

初診2012年 12月7日

 

20代前半の頃に発症。

半年ほど入院。

特に痛みはないが、太れない。

 

アミラーゼ:190以上

リパーゼ:190以上

トリプシン:1500〜2000

CRP:正常値

 

医師もこのような数値なのに痛みがないのが不思議と首をかしげるとの事。

重い食事(脂質多め)を摂ると左の背部に痛みが出たり、お腹が張る。

 

〜主訴〜

慢性膵炎からくる、太れない体質改善。

痛みはほとんどない。

〜処置〜

脾正方、脾勝法、腎正方、肺正方、心正方など適宜

膵臓相応点、胃相応点、基本点

 

自宅灸を膵臓相応点にしてもらう。

 

〜考察〜

手指鍼をするとお腹がグルグルと動き出す方が多いが、このかたも例外でなくグルグル動き出す。

当初は週1回、期限付きで週2回の施術を行ったが 、数値に変化無し。

体重も中々増えず。

 

ただ、施術をすると体の調子が良いという事で、現在も月1、2回のペースで治療している(2015年3月現在)。

 

血液検査の数値に関しては正直なところ良くわからないが、血液検査の正常値はあくまで基準値であるという事。

K・Nさんにしてみたらこの数値が、ある意味正常?なのかもしれない。

 

血液検査の数値が低くても、強い痛みや症状があるという方はたくさんいるが、

ここまで数値が高いのに症状外ほとんどないという方は初めてである。

K・Nさんのかかりつけの膵臓専門医も初めてのケースらしい。

 

同じ症状で悩むお客さまの声

慢性膵炎の血液検査数値は変わらないけど体調がいいです

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

ホームページに信頼が持てたので来院しました。

現在、血液検査の数値は変わらないですが、

体の調子は良いので効いていると思います。

 

ものは試しに、一回受けてみてはどうでしょうか。

症状について詳しくはこちら

当院の慢性膵炎の治療について >>

関連記事