膵炎と膵臓癌

膵炎と膵臓癌。

慢性膵炎に罹患している場合、膵臓癌になる確率は、そうでない方よりかなり高くなります。

他にも胆嚢癌・胆管癌になる確率も高くなります。

慢性膵炎患者の予後

1998年厚生労働省難治性膵疾患調査班により、慢性膵炎患者の予後及び死因に対する調査において、慢性膵炎患者さんの死因の43.1%が癌で、その内、膵臓癌による死因が21.7%でした。

標準化死亡比(SMR)という統計法から導きだした結果によると、慢性膵炎患者が膵臓癌で死亡する確率は、約7倍にも上ります。

これはかなり高い数字ですが、実際、慢性膵炎の患者さんは飲酒・喫煙をやめられない場合も多く、それらが膵臓癌発生の高いリスクにもなっている事もあります。

どちらにしても膵炎になってしまったら、飲酒・喫煙はやめるべきでしょう。

 

膵臓癌とは

癌の王様と言われるほど治療が難しいと言われている膵臓癌。

膵臓に悪性新生物と言われる腫瘍ができる事を指します。

 

膵臓にできる腫瘍は大きく分けて3種類あります。

内分泌腫瘍

膵臓のホルモンを分泌するランゲルハンス島等から発生する腫瘍。良性と悪性があります。

インスリノーマガストリノーマグルカゴノーマといった特有の激しい症状をもった腫瘍がありますが、多くは良性の場合が多いです。

悪性の場合も経過は比較的良好の場合が多いです。

嚢胞性腫瘍

消化酵素(膵液)を作り出す外分泌細胞にできる腫瘍。内部に液体がたまった袋状の腫瘍で良性と悪性があります。

大きさが3センチ以上、袋が複数ある、イボがあるものは悪性である場合が多いです。

膵管癌

膵液が流れる膵管に発生する癌。症状が現れにくく、周囲の臓器にも広がりやすく、最も治りにくい癌の一つです。

よく膵臓癌は見つかりにくく、治りにくいという表現をしているのはこの膵管癌が多いでしょう。

 

当院で膵臓癌の治療ができるのか?

今までにもこのような問い合わせを多く頂いています。

そのためこのページを作ったとも言えます。

 

結論から申し上げると、当院の施術で膵臓癌を治す事はできません。

ただ、膵臓癌からくる症状・抗ガン剤の副作用を和らげる事は可能です。

 

一番良いのは、慢性膵炎になってしまったら、膵臓の状態を良好に保つ為の生活と共に、当院の施術でより良い状態をキープするようにすると良いと考えています。