慢性膵炎とストレス

慢性膵炎とストレスの関係性は?

慢性膵炎を進行させないで、質の高い生活を送るためには、
これまで通りの生活を続けたらダメです。

禁酒・禁煙・脂肪食を避けるということをしていかなければいけませんが、
ストレスを感じる方も多いと思います。

ストレスは慢性膵炎を悪化させる要因にもなりますので、
ストレスを上手に解消していくのも必要になってきます。

ストレスは膵臓の大敵

現代社会ではいろいろなストレスがあります。

仕事のストレス、家庭のストレス、それに加えて痛みなどの病気のストレス。

 

ストレスがかかると、胃液の分泌が増えます。

するとそれを中和するために膵液の分泌も増え、慢性膵炎が悪化していく。

 

とはいえストレスを解消するために、

喫煙・飲酒などはもってのほか!

病状を悪化させるだけになってしまいます。

ストレスを減らす方法

適度な運動、膵臓に負担をかけない食事、質の良い睡眠。

 

この3つを習慣化していくと心身の調和が取れやすくなるので、

ストレスを感じにくくなります。

 

そして、それに加えて鍼灸を加えることでストレスは、

大幅に和らぎます。

まとめ

タバコやお酒でストレスを解消するのではなく、

まずは自分で出来るちょっとしたことから始めて、

ストレスを減らして生活していきましょう!